特集:検索で振り返る2012

2012年のイベント、芸能、出来事を検索数で振り返る特集企画。検索ランキングや検索推移グラフを交えて解説します。

特集

大型施設が続々オープン
今年、検索された新施設は?

最終更新日:2012年12月10日更新

2012年は構造物、商業施設、店舗などが続々とオープンしました。みなさんにとって印象深いものはどれでしょうか? 検索数ランキングをご紹介しながら今年新しくオープンした建物、施設、店舗を振り返ってみましょう。


最も検索されたのは「東京スカイツリー」。オープン日のほか、完成日、チケット発売に関わる日に検索数が増加しています。上位5施設の検索数推移を比較すると、東京スカイツリーの検索数が圧倒的に多いことがわかります。

集計期間:2012年1月1日~2012年10月31日

上位5施設の検索数グラフ

1.2月29日、「東京スカイツリー」完成
2.3月22日、「東京スカイツリー」天望デッキ個人入場券の抽選受付開始
3.5月22日、「東京スカイツリー」オープン
4.7月11日、「東京スカイツリー」当日券発売開始


「東京スカイツリー」とともに検索されたワードランキングを見ると、「予約」「当日券」「チケット」が10位までにランクイン。入場券を手に入れるために検索する人が多かったようです。

「東京スカイツリー」とともに検索されたワードランキング

集計期間:2012年1月1日~2012年10月31日


では、どの地域の人がチケットを手に入れたいと思っているのか、「東京スカイツリー 予約」「東京スカイツリー 当日券」の検索割合の地域属性を見てみましょう。※集計期間:2012年1月1日~2012年10月31日

まず「東京スカイツリー」と調べる人の地域属性をご紹介します。検索される割合は、栃木県、山梨県、千葉県の順に高くなっていました。

「東京スカイツリー」と調べる人の地域属性

「東京スカイツリー 予約」は、石川県、山梨県、栃木県の順に。

「東京スカイツリー 予約」と調べる人の地域属性

「東京スカイツリー 当日券」では、石川県、栃木県、千葉県と続きます。

「東京スカイツリー 当日券」と調べる人の地域属性

図を比較すると、「東京スカイツリー」に関心が高いのは栃木県、山梨県、千葉県、またチケット需要が高いのは石川県の方々のようです。反対に、大阪府、京都府、福岡県など西日本の方々は関心が低いようでした。

次に、第2位の「東京駅」を見てみましょう。

1945年に東京大空襲で破壊された東京駅赤レンガ駅舎が、本来の姿に近い状態まで復原されて、話題になりました。

「東京駅」の検索数推移を見ると、東京駅赤レンガ駅舎の完成披露イベント「TOKYO STATION VISION」の開催日に上昇。イベントでは、駅舎をスクリーンとしたプロジェクトマッピングが人々を魅了しました。その後、開業日にさらに検索数が増加しました。

集計期間:2012年1月1日~2012年10月31日

上位5施設の検索数グラフ

1.9月22日、東京駅丸の内駅舎保存・復原 完成記念イベント「TOKYO STATION VISION」開催
2.10月1日、東京駅丸の内駅舎が全面開業


そして、第3位は「渋谷ヒカリエ」。飲食店や洋服店など約200店が出店したほか、ホール、映画館、プラネタリウムなども併設され注目を集めました。

ここでは、「渋谷ヒカリエ」に出店している飲食店の検索数を見てみましょう。1位はパン店「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」。三つ星シェフのジョエル・ロブションが世界で初めてパン専門店を出店し、話題になりました。


2012年は東京都で新規施設のオープンラッシュが続き、都内の施設が多くランクインしました。関東以外では、4位の「京都水族館」や、8位の「オリックス劇場」など関西圏の施設がよく検索されました。

最後に少しだけ、クローズした施設の検索数ランキングをご紹介します。

2012年クローズの主な施設の検索数ランキング

集計期間:2012年1月1日~2012年10月31日


各都市で大活躍した施設ばかりがランクインしました。気になる施設閉鎖後の場所活用方法については、いずれも決まったようです。すでに「新宿三越アルコット」の跡地には「ビックロ」もできました。これらの施設が、新しい姿で街をにぎわせてくれる日が楽しみですね。