ホーム > NEWS一覧 > 検索サービス一覧 > 英語に自信がなくても大丈夫!「機械翻訳」で簡単に英文を作成する7つのポイント

英語に自信がなくても大丈夫!「機械翻訳」で簡単に英文を作成する7つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グルーバル化が進む中、仕事やプライベートなどさまざまな場面で、英語でのメールのやりとりをする機会が増えている方も多いと思います。
そこで、今回は英語が得意ではない人でも、「機械翻訳」を使って簡単にわかりやすい英文を作成できる、7つのポイントをご紹介します。

1.文章を短くする

日本語は1つの文章が長くなる傾向があります。
難解な日本語は、機械翻訳も理解しにくいので、入力する文章をできる限り短くするよう心がけましょう。

2.主語を明確に示す

英語は明確に主語が示されることが多いですが、日本語は主語を省略することがあります。
原文を入力する際に日本語としてはやや不自然なくらい、主語を明確に示すことを意識してみましょう。

<例>
原文「昨日、頼まれた件、明日中には完成できると思います。」
訳文「Yesterday, I think that it can be completed by the end of asked matter, tomorrow.」

それぞれの動作を誰が行うのか、主語がないためわかりにくい訳になってしまいます。
主語を意識した形に日本語を変えてみます。

原文「あなたが昨日私に頼んだ件については、私は明日中にそれを完成できると私は思います。」
訳文「About the matter that you asked me for yesterday, I think that I can finish it by the end of tomorrow.」

まずまずわかりやすい訳になりました。

3.無生物を主語にする

日本語の場合、主語は人であるのが一般的ですが、英語では無生物を主語にすることがあります。
思い切って無生物を主語にしてみましょう。

<例>
原文「この道を行けば、駅に出ます。」
訳文「I appear at the station if I go this way.」

訳文に主語「I」が補われていますが、人に道案内をしている場合、伝わりにくい文章になってしまいます。
無生物を主語にした日本語にしてみます。

原文「この道はあなたを駅に導きます。」
訳文「This way leads you to the station.」

案内された人にとってわかりやすい英文になりました。

4.1文の中の動詞を少なくする

1つの文章の中に動詞が複数あると、機械翻訳はどの動詞が何にかかるのかわからなくなってしまうことがあります。
1文の中の動詞を減らしてみましょう。

<例>
原文「昨日、友人の所に行って相談しようと思って訪ねたが、あいにく留守だったので、会うことができず、メモを残して帰った。」
訳文「Yesterday, I intended to go to a friend, and to talk and visited you, but I left a memo and returned without meeting because, unfortunately, it was away.」

動詞が多いためわかりにくい訳になりますね。
文意を変えずに、できるだけ動詞を少なくしてみます。

原文「昨日、私は、相談のため友人を訪ねたが、あいにく彼の留守のため、私は彼に会えなかった。私はメモを残した。」
訳文「Yesterday, I visited a friend for consultation, but, unfortunately, I was not able to meet him for his absence. I left a memo.」

まずまずわかりやすい英訳になりました。

5.目的語を省かない

日本語では、主語などと同様で目的語を省略することがあります。
英訳の際には目的語を意識してみましょう。

<例>
原文「私は伝えたのだが、彼は理解しなかった。」
訳文「I told, but he did not understand it.」

誰に何を伝えたのかが原文にないため、前半で目的語が省略された訳になっていますね。
目的語を入れてみます。

原文「私は彼にその件を伝えたのだが、彼はそれを理解しなかった。」
訳文「I told the matter to him, but he did not understand it.」

よりわかりやすい英訳になりました。

6.修飾語をシンプルにする

わかりにくい日本語の文章は、長い複雑な修飾語が原因であることが多いです。どの言葉がどの言葉を修飾しているのかを意識してみましょう。

<例>
原文「急峻(きゅうしゅん)な谷が多く、林道が整備されていない日本の森林は、運搬が大きな問題になる木材伐採に困難を抱えるわが国の林業に解決すべき大きな課題を与えている。」
訳文「A lot of steep valleys give forestry of our country holding difficulty for the woodcutting that transportation becomes the big problem in the Japanese forest where a forest road is not maintained the big problem that you should solve.」

この文章が主に言いたいことは、「日本の森林はわが国の林業に大きな困難を与えている」です。
「急峻な谷が多く、林道が整備されていない」「運搬が大きな問題になる木材伐採」がそれぞれ「日本の森林」と「困難」を説明していますので文章を短く、修飾語をシンプルにしてみます。

原文「わが国の森林は、多くの急峻な谷々を持つ。林道は整備されていない。これらの事実が、木材の運搬と木材伐採に困難を与えている。日本の林業はこの問題を解決しなければならない。」
訳文「The forest of our country has many steep valleys. The forest road is not maintained. These facts give difficulty for transportation and woodcutting of the wood. The forestry of Japan must solve this problem.」

何が何を修飾しているのか明確な英訳になりました。

7.複数の機械翻訳を使う

機械翻訳には、提供サービスによって個性があります。
こんなことをここで書くと怒られるかもしれませんが、複数の機械翻訳を併用していいとこ取りをしましょう。

<例>
「昨日のミーティングにおいて、次回のスピーカーとして私が選ばれました。何の話題について話すべきか私は混乱しています。あなたが関心を持つ話題は何ですか。もしあなたが持っていれば、私はそれを知りたいです。」

■Aの機械翻訳
「In the yesterday's meeting, I was chosen as a next speaker. I am confused what topic I should talk about. What is the topic that you are interested in? I want to know it if you have it.」
■Bの機械翻訳
「In the meeting yesterday, I was chosen as the next speaker.I am confused and should be talking about what topics. What are you interested in the topic. If you've got, then I want to know it.」
■Cの機械翻訳
「In yesterday's meeting, I was chosen as a next loudspeaker.It should talk about what subject or I am confused. What is the subject in which you get interested? If you have, I would like to know it.」

3つの訳では、Aのものがよい訳のように思われます。
しかしCの翻訳の最後の文もいい出来です。
これをAの訳に採用すると、もっとよくなります。

■A+Cの組み合わせ
「In the yesterday's meeting, I was chosen as a next speaker. I am confused what topic I should talk about. What is the topic that you are interested in? If you have, I would like to know it.」

さらによい訳になっていますね。

今回は「機械翻訳」で簡単に英文を作成する7つのポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?
機械翻訳に入力する言葉を工夫することで、簡単に英文を作成いただけることがおわかりいただけたのではないかと思います。

さっそく機械翻訳を使ってみようと思われた方は、ぜひYahoo!翻訳のご利用をお願いいたします。

次回は、番外編として4つのTIPSをご紹介する予定です。

画像:アフロ

この記事はYahoo!翻訳を使った事例もご紹介いただいている、平田 周氏著「英文"秒速"ライティング」の内容を参考に、著者の許諾をうけた上で構成しております。
さらに詳しく知りたい方は、書籍を購入されることをお勧めします。

※記事内の翻訳結果は2015年10月1日現在の内容です。

新着

公式アカウントで最新情報配信中!

  • Facebook

    Yahoo!検索の公式Facebookページ。

  • Twitter
    (@YahooSearchJP)

    Yahoo!検索の公式Twitterアカウント。

こちらもチェック

Yahoo! JAPANトップページをホームページに設定しよう
・気になるニュースをタイムリーに配信。
・あなたの地域の天気をピンポイントで表示。
・地震や津波など緊急の災害情報も、すぐにお知らせ。