ホーム > 記事一覧 > 検索スモールデータ一覧 > 2015年新語・流行語の「実はあまり知られていなかった語」を発表!

検索データの小さな変化からでも「次に来る」モノを鋭く分析!「検索スモールデータ」

2015年新語・流行語の「実はあまり知られていなかった語」を発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーキャンが行う「新語・流行語大賞」の2015年の大賞・Top10が発表されました。
「爆買い」「トリプルスリー」の2つが年間大賞でしたが、今回はなかなか予想が難しかったのではないでしょうか。
というのも、今回はノミネートの時点で「ノミネートされて初めて知った」「聞いたことがなかったけれど、流行していたの?」という語が比較的多かったようにも思えたからです。

そこで、新語・流行語大賞も発表されたいま、あえてここでは「ノミネートまで実はあまり知られていなかった語」Top10を発表します!


2015年ノミネート語

まずはノミネートされた50個の言葉です。今年はこんなラインナップでした。

爆買い
インバウンド
刀剣女子
ラブライバー
アゴクイ
ドラゲナイ
プロ彼女
ラッスンゴレライ
あったかいんだから
はい、論破!
安心して下さい、穿いてますよ。
福山ロス(ましゃロス)
まいにち、修造!
火花
結果にコミットする
五郎丸ポーズ
トリプルスリー
1億総活躍社会
エンブレム
上級国民
白紙撤回
I AM KENJI
I am not ABE
粛々と
切れ目のない対応
存立危機事態
駆けつけ警護
国民の理解が深まっていない
レッテル貼り
テロに屈しない
早く質問しろよ
アベ政治を許さない
戦争法案
自民党、感じ悪いよね
シールズ(SEALDs)
とりま、廃案
大阪都構想
マイナンバー
下流老人
チャレンジ
オワハラ
スーパームーン
北陸新幹線
ドローン
ミニマリスト
ルーティン
モラハラ
フレネミー
サードウェーブコーヒー
おにぎらず

こうして並べてみると、「確かに流行してた」というのもあれば「どこで流行した言葉だろう?」というものも。

ノミネート発表前の検索数Top10

「あまり知られていなかった語」の前に、ノミネート発表前の検索数が多かったTop10で「まさに流行していた」語を確認しましょう。
新語・流行語大賞のTop10に入った語も登場します。

1位ラッスンゴレライ
2位マイナンバー
3位北陸新幹線
4位ドローン
5位おにぎらず
6位あったかいんだから
7位大阪都構想
8位スーパームーン
9位チャレンジ
10位シールズ(SEALDs)

1位の「ラッスンゴレライ」はお笑いコンビ8.6秒バズーカーリズムネタとして今年はじめに大流行しました。特に「ラッスンゴレライ」の意味について、いろんな解釈や憶測が集まって話題に。
同じくお笑いコンビではクマムシのネタ「あったかいんだから」はCDも発売され、歌詞が多く検索されています。

そしてテレビや新聞、インターネットなどさまざまなニュースで世の中をにぎわした語が多くランクインしています。
「マイナンバー」はいよいよ2015年11月末までに通知カードが届くということで、最近は「発送状況」のキーワードで調べられています。
他には、春に開通した「北陸新幹線」や、落下事故のニュースも多かった「ドローン」、5月17日の住民投票時に検索が集中した「大阪都構想」、東芝の不正会計問題で取り上げられた高い収益目標の呼び名である「チャレンジ」、「自由と民主主義のための学生緊急行動」を正式名称とする「シールズ(SEALDs)」が並びます。

ドローン

残りの「おにぎらず」と「スーパームーン」は、「調べものをする」という目的でのインターネット検索ならではの流行といえそうです。
"にぎらないおにぎり"ということで人気になった「おにぎらず」はレシピを調べる人が多く、クックパッドで人気検索キーワードとなりました。
月が最大に見える「スーパームーン」は現象が起きる日付を調べるため、「スーパームーン 2015」というキーワードで検索されています。

スーパームーン

いずれも、確かに目や耳にする機会が多く、ノミネートされた納得感が高いです。

「ノミネートまで実はあまり知られていなかった語!?」Top10

それではいよいよ、おそらく「ノミネートされて初めて知った」という語が多く入るであろう、ノミネート後の上昇率Top10の発表です!
ノミネート前後の1日当たり平均検索数の上昇率を比較し、ノミネートされたことで検索されだした、つまり「実はノミネートまではあまり知られていなかったのではないか」という語を調べました。

1位切れ目のない対応
2位国民の理解が深まっていない
3位五郎丸ポーズ
4位自民党、感じ悪いよね
5位とりま、廃案
6位刀剣女子
7位上級国民
8位1億総活躍社会
9位アゴクイ
10位早く質問しろよ

「あまり知られていなかった語」「ノミネートされて初めて知った語」とさんざん書いてきたのにもかかわらず、今まさに広く流行している「五郎丸ポーズ」が3位に......とはいえ、これはやや例外的なランクインです。
「五郎丸ポーズ」はラグビー日本代表の五郎丸歩さんのポーズの呼び名ですが、こちらは注目されだしたのが9月のラグビーワールドカップでの活躍や10月13日のラグビー日本代表帰国会見で、月ごとにどんどん人気が上昇しているため、11月10日のノミネート後の上昇率が高まりました。

ラグビー

「五郎丸ポーズ」を除けば、確かに初めて見るような語もちらほら......? 政治関係が多い印象でしょうか。

「切れ目のない対応」「国民の理解が深まっていない」「自民党、感じ悪いよね」「とりま、廃案」「早く質問しろよ」はいずれも、9月19日に成立した安保法制に関わります。「1億総活躍社会」は、安倍首相が介護離職ゼロの達成に向けて掲げた語で、こちらも政治関係です。

ちょっとタイプが違うのは「刀剣女子」と「アゴクイ」。
「刀剣女子」は日本刀が大好きな女性たちをさす言葉で、きっかけは1月に開始されたブラウザーゲーム「刀剣乱舞」のようです。まさに今年生まれた新語ということで、「刀剣女子とは」「刀剣女子 意味」で検索されています。

日本刀

「アゴクイ」は2014年に流行した「壁ドン」と同じように主にカップルの間で行われる動作を表します。アゴを手でクイッと持ち上げて顔を自分のほうに向けさせる動作です。しかし、この「壁ドン」進化系の言葉は他にも床ドン蝉(セミ)ドン肩ズンなどなど......いろいろあるようです。言葉はどんどん進化して、増え続けますね。

アゴクイ


ということで、「ノミネートまで実はあまり知られていなかった語!?」Top10をご紹介しましたが、いかがでしょうか。

こうして見直してみると、新語・流行語大賞のノミネート語はいろいろなジャンルから選ばれています。これを全部知っていたら相当な情報通です。
インターネットの流行語とテレビでの流行語、ほかにも雑誌、新聞、ラジオなどメディアによって流行語は違うでしょうし、ノミネートされるまで知らない語があるのも当然といえば当然なのかもしれませんね。

新着

公式アカウントで最新情報配信中!

  • Facebook

    Yahoo!検索の公式Facebookページ。

  • Twitter
    (@YahooSearchJP)

    Yahoo!検索の公式Twitterアカウント。

こちらもチェック

Yahoo! JAPANトップページをホームページに設定しよう
・気になるニュースをタイムリーに配信。
・あなたの地域の天気をピンポイントで表示。
・地震や津波など緊急の災害情報も、すぐにお知らせ。