ホーム > 記事一覧 > 検索注目ピックアップ一覧 > 「うしおととら」の壮大なストーリーと世界観がテレビアニメ化!

Yahoo!検索で急上昇したヒトやモノに突撃取材、コメントもご紹介!「検索注目ピックアップ」

「うしおととら」の壮大なストーリーと世界観がテレビアニメ化!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1990年代に 藤田和日郎「週刊少年サンデー」 で連載して大ヒットしたマンガ 「うしおととら」 がテレビアニメ化されることが発表され、2月3日のYahoo!検索のデイリーランキングで急上昇しました。
http://searchranking.yahoo.co.jp/burst_ranking/20150203 

約20年の時を越えてアニメ化される「うしおととら」。どんな作品になるのでしょうか?

そこで、うしおととら製作委員会の徳間ジャパン様にお話をうかがいました!


©藤田和日郎・小学館/うしおととら製作委員会

プレスリリース

「うしおととら」今夏 テレビアニメ化!!

1990年~1996年にかけて「週刊少年サンデー」(小学館)に連載され、単行本の発行部数は累計2,500万部、文庫版他も含む累計販売数3,000万部を記録。少年「うしお」と2000歳の妖怪「とら」を主人公とするこの冒険アクション長編は、1990年代のコミックを代表する大ヒット作となりました。

1991年小学館漫画大賞受賞の他、2007年には文化庁の選定する 「日本の芸術100選」 マンガ部門に 「ドラゴンボール」 「ドラえもん」 「ジョジョの奇妙な冒険」 などと並んで選出されるなど、その芸術性も評価が高く、「不朽の名作」として時代を越えて愛読され続けている作品です。

大長編ながら、近似のエピソードの反復がほとんどなく、随所に張り巡らされた伏線が、最終話に向かってひとつに収斂(しゅうれん)していく様は、さながら大河小説のそれであり、「週刊」マンガとしては他には類を見ない精緻な構造になっています。また、主人公が全国各地で出会う妖怪達は日本古来のフォークロアから中国の史実にまで至り、民俗学的な考証も含んだこうしたエキゾチズムが、"王道"のテーマに深い陰影を与えています。

ところが、本作はこれだけのヴァリューを持ちながらこれまでテレビアニメーション化されることなく、1992年に未完の OVA がリリースされたのみでした。当時の技術では本作の持つダイナミズムを表現するに十分でなく、思い入れある関係者の賛同を得る事が難しかったとも言われます。

今回のテレビアニメ化は、20年越しとなる原作への愛情と熱意が結実し、はじめて全関係者の総意を得て為されるものであり、アニメ化を待ち望んだ多くの熱狂的ファンに、また原作を知らない今の子供たちにも喝采を持って迎えられる事を確信するものです。

原作

藤田和日郎(小学館刊)

制作スタッフ

監督: 西村聡
シリーズ構成: 井上敏樹
キャラクターデザイン: 森智子
アニメーション制作: MAPPA & studio VOLN

あらすじ

中学生の少年・蒼月潮は、寺の住職をつとめる父親と二人暮らし。ある日、彼は自宅にある蔵の地下室でとんでもないものと出会ってしまう。それははるか昔、凶悪なバケモノとして民に恐れられ、「獣の槍(やり)」によって五百年間も封じ込められていた大妖怪であった! 槍を引き抜いてしまった潮はあわや妖怪に食われかかるが、同時に眠りから目覚めた「獣の槍」の力によって変身し、妖気に群がってきた他の妖怪たちをあっという間に撃破する。槍の威力を恐れて思わず協力してしまった大妖怪は、潮に「とら」と名付けられ、行動をともにすることに。かくして「獣の槍」の伝承者となってしまった少年と、いつか彼を食ってやろうとつけ狙う大妖怪の"うしとら"コンビが誕生したのだった。そして襲いくる妖怪どもを次々と蹴散らしていく彼らは世界の存亡をかけた壮大な戦いに巻き込まれていく......。

テレビアニメ「うしおととら」公式ホームページ

http://ushitora.tv

徳間ジャパン様とQ&A

――アニメ化にあたっての見どころを教えてください!
徳間ジャパン様 連載から20年を経ても、色あせず、漫画を知っている世代も知らない世代も虜(とりこ)にする、その壮大なストーリーと世界観。
――アニメ化決定発表に関する反応を、検索で調べてみましたか?
徳間ジャパン様 発表する以前から、ずーっとアニメ化の要望はネット上で切れ目なくありました。そのくらい思い入れのあるファンがついているコミックなので、感激する熱い声が多く聞けました。


制作サイドの熱い思いが伝わってくる「うしおととら」。夏からのテレビアニメの放送を楽しみにしましょう!

新着

公式アカウントで最新情報配信中!

  • Facebook

    Yahoo!検索の公式Facebookページ。

  • Twitter
    (@YahooSearchJP)

    Yahoo!検索の公式Twitterアカウント。

こちらもチェック

Yahoo! JAPANトップページをホームページに設定しよう
・気になるニュースをタイムリーに配信。
・あなたの地域の天気をピンポイントで表示。
・地震や津波など緊急の災害情報も、すぐにお知らせ。