ホーム > 記事一覧 > 検索注目ピックアップ一覧 > 実車版「1/1エアロ アバンテ」まで登場したミニ四駆が一過性のブームで終わらない理由とは?

Yahoo!検索で急上昇したヒトやモノに突撃取材、コメントもご紹介!「検索注目ピックアップ」

実車版「1/1エアロ アバンテ」まで登場したミニ四駆が一過性のブームで終わらない理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プラモデル、RCカー、ミニ四駆などで知られる株式会社タミヤが、10月18日に東京のMEGA WEBで開催された「ミニ四駆ジャパンカップ2015 チャンピオン決定戦」において、「1/1ミニ四駆実車化プロジェクト」で製作した実車版ミニ四駆「エアロ アバンテ」を初公開して話題になり、10月19日のYahoo!検索のデイリーランキングで「1/1エアロ アバンテ」が急上昇しました。
http://searchranking.yahoo.co.jp/burst_ranking/20151019

子供のころから親しみ深いミニ四駆。しかし、なぜそれを実車化したのでしょうか......?

そこで、株式会社タミヤ様にお話をうかがいました!


「1/1ミニ四駆 実車化プロジェクト」詳細

「ミニ四駆が本物のクルマになったら......」。ミニ四駆ファンならば誰もが一度は思いを巡らせる夢を実現する本プロジェクトは、単に大きなサイズでマシンを再現するのではなく、手のひらサイズのモータースポーツと呼ばれるミニ四駆を、クルマづくり・ものづくりのプロフェッショナルの手で「本物のレーシングカー」として作り上げることを目指してスタートしました。再現するマシンは、1988年の初代モデルのデビュー以来、ミニ四駆を代表するマシンとして人気の「アバンテ」シリーズの最新モデル「エアロ アバンテ」。そして動力源にはあえてレシプロエンジンをチョイス。エキゾーストノートを響かせながら疾走する1/1ミニ四駆の姿を通じて、世界中に「ミニ四駆」と「レーシングカー」の魅力と迫力をあらためて伝えたい。そんな思いを込めて生み出された、世界にたった一台のマシンの勇姿を、ぜひご覧ください!

特設サイト「1/1ミニ四駆 実車化プロジェクト」

1/1エアロ アバンテ走行動画など

株式会社タミヤ様とQ&A

――先日のチャンピオン決定戦で初お披露目となりましたが、周囲の反応はいかがだったでしょうか?
株式会社タミヤ様 マシンの製作がスタートしてから「1/1ミニ四駆 実車化プロジェクト」特設サイトで段階的に製作過程を動画にて紹介してきましたが、完成が近づくにつれてファンの関心と期待が高まり、初のお披露目となった会場では、取材メディアやミニ四駆ファンそして一般見学者も含めて大好評で、「カッコイイ!!」「すごい!!」「ヤバイ!!」と大きな反響がありました。マシンをあらゆる角度から写真を撮りまくる人、マシンを前に家族やカップルで記念撮影を行うお客様が絶えず、現場でその様子を見た製作スタッフも大感激しました。

――11月には北海道、静岡で見ることができるようですが、今後の展示予定について教えてください。
株式会社タミヤ様 11月21日・22日にはタミヤの全ホビーを体験できる大型イベント「タミヤフェア」がタミヤ本社のある静岡で開催されるのですが、こちらの会場で特別展示される予定です。その後の予定は現在調整中ですが、各種イベントなどに登場する予定です。とにかくたくさんの方にこのスーパーカーを実際にご覧頂きたいと考えておりますので借用のご希望があれば積極的に協力を検討致します。ご関心があれば気軽にタミヤへ声を掛けください!

――ガイドローラーの存在が目を引きますが、操作の仕方において、実際のミニ四駆と同じ部分、違う部分を教えてください。
株式会社タミヤ様 本プロジェクトではミニ四駆を本物のレーシングカーとして作り上げることを目的のひとつとしていましたので、操作方法は実際のクルマと基本的に同じです。走り出したら人の手でコントロールができないミニ四駆と異なり、ステアリングも可動しますから実車版ミニ四駆は壁づたいに走ることはないのでガイドローラーは機能はしません。ただしこのガイドローラーはレーサータイプのミニ四駆全車種に備わっている、ミニ四駆のアイデンティティとも言える、最も特徴的なパーツのひとつなので実車にする際にもぜひ再現したいと考えました。「ガイドローラーが付いていないミニ四駆なんてミニ四駆じゃない!」というワケです(笑)。

――ミニ四駆に「第3次ブーム」が到来していると言われていますが、何が要因だとお考えでしょうか?
株式会社タミヤ様 人気再燃が本格化したのが2012年で、その時点から既に4年が経過しようとしていますが、現在もなお生産量やイベント動員数が増加し続けています。
かつては小学生のファンが中心であり、コミックやアニメがその人気を牽引(けんいん)していたのですが、現在は大人が中心です。過去二度の大きなブームは社会現象にまでなったほどで、20代後半から40代前半までの男性であればほとんどの方が子供の頃ミニ四駆に夢中になっていた経験があり、どこの誰とでもすぐに話題を共有できます。ネット上ではSNSを通じて交流が活発になり仲間の輪がどんどん広がり、リアルな場では仲間どうしでレースに参加したり、自分のマシンを見せ合い、語り合うことの楽しさにハマる方が多く、2,000名~3,000名が参加するタミヤ主催の公式イベントはさながら大規模なオフ会の場としても楽しまれています。こうしたソーシャルメディアとの相性の良さも人気の要因のひとつなのではないでしょうか。
また最近はミニ四駆のサーキットを設置した「ミニ四駆BAR」が都内を中心に各地でオープンしたり、居酒屋のカウンターやテーブルにマシンを並べて、ああでもないこうでもないと語り合う「呑(の)みヨンク」という楽しみ方もよく聞かれます。
また子供の頃よりも大人になってからの方が、オモチャとは違う、アナログなホビーであるミニ四駆が持つモノづくりの楽しさやセッティングの奥深さに気づくことも要因のひとつで、懐かしいだけで終わらないのがミニ四駆の特徴です。それと、小学生の時にはお小遣いで買う事ができなかったキットやパーツを大人になって好きなだけ買い物できるという楽しさもある様です(笑)。
こうしたさまざまな楽しみ方が広がるにつれて、当初は大人の男性が中心だったユーザー層も今では家族や彼女も巻き込んで老若男女、幅の広い層に楽しまれるようになっています。女性が自分の愛車を奇麗に飾り付ける「デコ四駆」なんて楽しみ方もあるんです。私達タミヤのスタッフの中にも、ミニ四駆で育った世代が大勢います。こうした世代を超えたミニ四駆の輪の広がりを、これからも皆さんと一緒に盛り立てていきたいと考えています!

――タミヤのミニ四駆関連のワードで、「これは検索してほしい」というキーワードを3つくらい教えてください。
株式会社タミヤ様 Yahoo!リアルタイム検索で「#mini4wd」で検索していただきたいです。そのほかの検索ワードは、「ミニ四駆 ジャパンカップ」「ミニ四駆 コンデレ」です。

――Yahoo! JAPANチームもメディアミーティングのレースに参加させてください!
株式会社タミヤ様 ぜひぜひご参加ください! メディア関係者にもミニ四駆世代の方が多くいらっしゃいますから、ガチで熱いレースが繰り広げられます。かなり盛り上がって楽しいですよ! 次回の開催が決まったら必ずご案内しますね。

200台を超える歴代のマシンが登場する感動の動画「ミニ四駆/Keep on Running」

「1/1エアロ アバンテ」フォトギャラリー


質問は弊社のミニ四駆同好会のメンバーによるものだったのですが、ちゃっかりレースに参加させてもらおうとしていますね......。それにしても、ミニ四駆が幅広い世代に根強い人気を持つ秘密を株式会社タミヤ様に教えていただいた気分です。そして「1/1エアロ アバンテ」が皆さんの街に来る日も遠くないかも......? その日を楽しみにしましょう!

新着

公式アカウントで最新情報配信中!

  • Facebook

    Yahoo!検索の公式Facebookページ。

  • Twitter
    (@YahooSearchJP)

    Yahoo!検索の公式Twitterアカウント。

こちらもチェック

Yahoo! JAPANトップページをホームページに設定しよう
・気になるニュースをタイムリーに配信。
・あなたの地域の天気をピンポイントで表示。
・地震や津波など緊急の災害情報も、すぐにお知らせ。