ホーム > 記事一覧 > 検索注目ピックアップ一覧 > 元TBSアナウンサーの小島慶子さんは摂食障害を乗り越え執筆や講演で活躍中!

Yahoo!検索で急上昇したヒトやモノに突撃取材、コメントもご紹介!「検索注目ピックアップ」

元TBSアナウンサーの小島慶子さんは摂食障害を乗り越え執筆や講演で活躍中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エッセイスト、タレントの小島慶子さんが、6月14日放送の日本テレビ系「誰だって波瀾爆笑」に出演し、6月15日のYahoo!検索のデイリーランキングで急上昇しました。
http://searchranking.yahoo.co.jp/burst_ranking/20150615

アナウンサーとして所属したTBSを退社した後、家族とオーストラリアに移住した小島慶子さん。「誰だって波瀾爆笑」では10代からの摂食障害も告白し、大きな話題を呼びました。オーストラリアと日本を行き来するなかで、どんな活動をされているのでしょうか......?

そこで、小島慶子さんにお話をうかがいました!


小島慶子さんプロフィール

小島慶子(こじま けいこ)
1972年、オーストラリア生まれ。
エッセイスト、タレント。
学習院大学を卒業後、1995年にTBSに入社。アナウンサーとしてテレビ・ラジオに出演。
1999年、第36回ギャラクシーDJパーソナリティ賞を受賞。
2010年、TBS退社。
テレビ・ラジオ出演、連載多数。
著書に「女たちの武装解除」「解縛(げばく)~しんどい親から自由になる」などがある。

小島慶子 初の小説「わたしの神様」

タイトル:わたしの神様
著者:小島慶子
発売日:2015年4月30日 
体裁:四六版上製・316ページ
定価:本体1500円+税

Yahoo!ショッピングでも「わたしの神様」を購入できます!

<あらすじ>
視聴率低迷中のニュース番組「ウィークエンド6」の起死回生をはかるため、テレビ太陽きっての敏腕プロデューサー藤村は"女子アナ"キャスターのてこ入れに動いた。産休に入る佐野アリサの後任に起用したのは、全方位の好感度で不動の人気を誇るミスキャンパス出身の仁和まなみ。アイドルアナからニュースキャスターへと鮮やかな転身をとげたい彼女は、権力欲にまみれ保身に走る男たちや、敵意むき出しの女たちによってやがてスキャンダルの渦に引きずり込まれる。描かれることのなかった"女子アナ"たちの強烈な嫉妬と執着と野心に、ページをめくる手が止まらない。一気読み必至の極上エンタメ小説。

<小島慶子より>
テレビ局で働く女性たちを題材に、働くことのしんどさや、価値観の違いから起きる断絶を描きました。
人気女子アナ、産休に入る先輩アナ、二人を敵視する女性記者、失踪した元女子アナ、どの人物も「そのままでそこにいていいんだよ」という承認が欲しくて苦しんでいるのに、そのしんどさを分かち合えず、むしろ対立してしまう。なぜ彼女たちは労わりあえないのだろう? という疑問をわりかし真面目に、でも一気に読めるエンタメ小説としても楽しんでもらえるように書きました。
性差別、見た目差別、母子関係の葛藤、ママ友や夫とのすれ違いなど、口には出さないけれど多くの人がひそかに抱えているしんどさを、感じ取っていただけたらうれしいです。

小島慶子さんとQ&A

――「誰だって波瀾爆笑」で10代からの摂食障害を告白されて、大きな反響がありました。今、同じ摂食障害に苦しんでいる若い人へのメッセージを聞かせてください。
小島慶子さん 食べ方がおかしいな? とか、つらいな、と思ったら、専門家に相談してください。自分を責めないでください。摂食障害は心がけや性格の問題ではなく、病気です。あなた自身も、あなたの家族も、正しく知ることがとても大切です。カウンセラーや医師など、助けてくれる人は必ずいますよ。

――オーストラリアのパースに移住されていますが、オーストラリアで暮らして一番良かったと思うことは何でしょうか?
小島慶子さん 都市部と大自然の距離が近いので、車で出かけるたびに、海や原生林や動物や大砂丘などに家族みんなで「わああ」と驚けるところです。

――最近は、どのような活動をされていますか?
小島慶子さん メディア出演と執筆に加え、講演にも積極的に取り組んでいます。わざわざ足を運んでくださった方々を前に、表情や反応をじかに感じながらお話しするのはとても楽しく、やりがいがあります。テーマは、仕事や育児など自身の経験を語るもの、そしてワークライフバランス男女共同参画などについてもよくお話ししています。私自身も働きながら子育てをしてきましたし、会社員だった頃に労働組合の副委員長を7年やって制度作りに携わった経験から、誰もが働きやすい世の中にするにはどうすればいいかな? といつも考えています。

――最近何を検索していますか? 実際に検索してみたワードを教えてください。
小島慶子さん 
「Dude Perfect (デュードパーフェクト)」
息子たちのおもちゃを買おうとネットで探していたら、男性たちが着ぐるみパンダと一緒にすごい技術力でバカバカしいことにチャレンジしている映像シリーズを見つけたので、誰だこの人たち? と思って検索しました。アメリカのパフォーマンス集団でした。

「つるかめ算」
連立方程式を勉強している長男に「つるかめ算てなんだっけ」と聞かれたのですがすっかり忘れており、適当に「ツルとカメどっちが長生きするか計算するんだよ」と答えたら「ふーん」と真に受けられたので心配になって念のため調べてみたら、全然違いました。


オーストラリアに移住した後も、ご自身の経験を踏まえて執筆や講演で活躍されている小島慶子さん。初の小説「わたしの神様」も発売され、活動の幅をさらに広げていかれることをお祈りしております!

新着

公式アカウントで最新情報配信中!

  • Facebook

    Yahoo!検索の公式Facebookページ。

  • Twitter
    (@YahooSearchJP)

    Yahoo!検索の公式Twitterアカウント。

こちらもチェック

Yahoo! JAPANトップページをホームページに設定しよう
・気になるニュースをタイムリーに配信。
・あなたの地域の天気をピンポイントで表示。
・地震や津波など緊急の災害情報も、すぐにお知らせ。