ホーム > 記事一覧 > 検索注目ピックアップ一覧 > スマホでレトロゲームを楽しめる「ピコカセット」が生まれた理由、それは「所有の体験」

Yahoo!検索で急上昇したヒトやモノに突撃取材、コメントもご紹介!「検索注目ピックアップ」

スマホでレトロゲームを楽しめる「ピコカセット」が生まれた理由、それは「所有の体験」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!検索で急上昇したヒトやモノに取材する、Yahoo!検索ガイドの「検索注目ピックアップ」。5月12日のYahoo!検索のデイリーランキングでは、「ピコカセット」「忍者じゃじゃ丸くん」が急上昇しました。
http://searchranking.yahoo.co.jp/burst_ranking/20160512

これは、スマートフォンに差すことで遊べるゲーム「ピコカセット」の製品版第一弾として「忍者じゃじゃ丸くん」が発売されることが、5月11日に発表されたためです。デイリーランキングの30位内に「ピコカセット」「忍者じゃじゃ丸くん」の2ワードがランクインする快挙でした。

「ピコカセット」は、スマートフォンに差すことでアプリが起動する......という最新技術を使ったゲームながら、内容はレトロゲーム。新しいのに懐かしい、不思議なゲームです。

そこで、「ピコカセット」が誕生した経緯を、ピコカセット製作委員会のBeatrobo株式会社の浅枝大志さんにメールインタビューでうかがいました!


「ピコカセット」プレスリリース

スマホ用ゲームカセット<ピコカセット>ついに始動! 第一弾は忍者じゃじゃ丸くん!

<レトロフリーク世代、緊急招集。>ピコカセットプロジェクト、ついに始動! ピコカセ倶楽部(クラブ)正式メンバーを募集します!!! ピコカセットはスマートフォンに差し込んで使う、スマホ専用ゲームカセットで、東京ゲームショウ2015にてコンセプトが発表されました。そのピコカセットが、レトロゲーム好きでは知らぬものはいない人気ゲーム「忍者じゃじゃ丸くん」の正式許諾を受け、製品版第一弾としてリリースすることが決定いたしました! 正式発売にさきがけて、世界初&唯一となる公式会員組織「ピコカセ倶楽部」を立ち上げ、Makuakeにてクラウドファンディングを5月11日より実施いたします。
ピコカセットはスマートフォンに差し込んで使う、スマホ専用ゲームカセットで、東京ゲームショウ2015でコンセプトが発表されました。

ゲームはダウンロードする時代になぜ、カセット型?
このプロジェクトでは、スマホの普及によって完全デジタル化されたゲームを、再び「おもちゃ」の形に戻すことを目指しています。
おもちゃ屋に行き、お小遣いでゲームを買い、説明書を読み込み、満を持してカセットをゲーム機本体に差し込んだ時の、あの気持ち。そして、そんな気持ちで買ったカセットを、私たちは、とても大事に扱っていたと思います。
カセットを手にした時のあのワクワク感。
形があるからこそ生まれる、モノを大切にしようという気持ち。
そんな気持ちを思い出し、再び大切にするため、ピコカは、手に持てる、人に手渡せる、カセットという形態を取り入れました。


第一弾は忍者じゃじゃ丸くんが正式復刻
ピコカセットプロジェクト最初の製品は、80年代に大ヒットした名作ゲーム「忍者じゃじゃ丸くん」に決定いたしました!!
忍者じゃじゃ丸くんは1985年に発売され累計200万本を売り上げた大人気ゲームで、1986年にはMSX版でも発売、今年の4月21日にはLINEスタンプとしても発売されるなど、たくさんの人の思い出のゲームとしても知られています。今回はMSX版をピコカセット用にアレンジし、忍者じゃじゃ丸くんピコカセットEDITIONとして新発売します。
今回、ご支援頂きピコカセ倶楽部メンバーになられた皆様には、こちらの「忍者じゃじゃ丸くんピコカセットEDITION」をもれなく提供いたします。
ピコカセットは第一弾クラウドファンディングプロジェクトをきっかけに、継続してレトロゲームの復刻や新作の開発、オンラインに限らない一般流通での販売、世界でのヒット作を活用しての海外での展開を実現すべく努めてまいります。

プロジェクト詳細ページ
https://www.makuake.com/project/picoca/


©ピコカセット製作委員会
©2016 Beatrobo Inc All Rights Reserved
'PlugAir' 'ピコカセット' is a trademark of Beatrobo Inc
©2016 ProjectEGG
©2016 D4Enterprise Co.,Ltd.
©CLARICE GAMES
©2016 MSX Licensing Corporation All Rights Reserved.
'MSX' is a trademark of the MSX Licensing Corporation.

ビートロボの浅枝大志さんにインタビュー!

――スマートフォンでレトロゲームをできる「ピコカセット」には驚きました。あえてアプリ単独にしなかった点も含め、どのような発想から生まれたものなのでしょうか?
浅枝大志さん アプリ単独でゲームを遊べる時代となり、多くのゲーム会社からモバイル版の復刻や、各種ゲーム機で過去のゲームをダウンロードできる環境が整っている中、ピコカセットをはじめた理由はとてもシンプルです。それはゲームという体験がソフトウエアだけでなく、所有の体験がセットになったうえでゲームであることを伝えたかったのがあります。

――PlugAirの技術を採用して、イヤホンジャックに差して使う仕様にも驚きました。iOSにもAndroidにも対応していますが、開発は大変だったのではないでしょうか?
浅枝大志さん こちらに関してはPlugAir技術そのものに3年ほど開発期間をかけて対応端末を増やしていく過程がありました。メールアドレス入力や会員登録手続きなどの手間よりも、「モノを差し込む」というわかりやすさは全国共通なのでその良さが伝わるように努力してきました。ピコカセットは子供時代の差し込む体験そのものを思い起こすものでもあるので相性はぴったりだと思いました。

――製品版第一弾ゲームとして「忍者じゃじゃ丸くん」を選んだのはなぜでしょうか?
浅枝大志さん 本プロジェクトの対象者は80年代にゲームをプレイしていた子どもたち、つまりいまの30代以上の層なのですが、彼らの思い出のゲームであることが重要でした。そこで、ゲーム黎明期(れいめいき)で「生まれて初めて遊んだゲーム」としてもよく言及される忍者じゃじゃ丸くんを第一弾として出す機会があり、「これだ!」と思って選んだ経緯があります。

――公式会員組織「ピコカセ倶楽部」のメンバーをクラウドファンディングで募集中されていますが、参加されているのはどんな方々なのでしょうか? 年代層に特徴はあるでしょうか?
浅枝大志さん まだ開始間もないですが、やはり傾向として30代、40代の男性比率が高いです。コレクションアイテムとしてもありますが、親世代となった彼らが自分の子供にゲームを遊ばせるならこういうものがいい、という考え方もしてくれているとうれしいです。

――今後、どれぐらいのペースで新作のゲームを発売する予定でしょうか?
浅枝大志さん 今回のクラウドファンディングプロジェクトにおいて第一弾のゲームと、ゲームプラットフォーム、ハード製造環境が整います。成立することにより、今後たくさんの新作ゲームをリリースしていきたいと思います。一度ゲームが発売された事例があることにより他のゲーム会社さんと交渉がしやすくなると思いますので発売ペースも早めていきたいところです。 

――Yahoo! JAPANの検索サービス・Yahoo!検索のイメージを遠慮なく教えてください!
浅枝大志さん テレビで話題になったものの詳細を知るためにYahoo! JAPANで検索がなされ、それがさらにニュースとして話題になる、という良い連鎖が発生しているイメージがあります。

――最近何を検索していますか? 実際に検索してみたワードをいくつか教えてください。
浅枝大志さん ピコカセットプロジェクトに取り組む際にレトロゲームの歴史や当時の人気のゲーム売上げランキングが気になって調べたりしていました。あとは海外でゲーム機がどういう呼ばれ方をしているか、といったものも調べましたね。日本ではゲームカセットだけども海外ではgame cartridge(ゲームカートリッジ)だったりするんですよね。


PlugAirという最新技術を使うことで復活した「所有の体験」。レトロゲーム世代が楽しめるのはもちろん、デジタル・ネイティヴ世代の若い人たちにとっても新鮮なのではないでしょうか? 思わず所有欲を刺激される「ピコカセット」。クラウドファンディングの成功をお祈りしています!

もっとピコカセットを知る検索ワード

ピコカセット 価格
ピコカセット 仕組み
ピコカセット 会社

新着

公式アカウントで最新情報配信中!

  • Facebook

    Yahoo!検索の公式Facebookページ。

  • Twitter
    (@YahooSearchJP)

    Yahoo!検索の公式Twitterアカウント。

こちらもチェック

Yahoo! JAPANトップページをホームページに設定しよう
・気になるニュースをタイムリーに配信。
・あなたの地域の天気をピンポイントで表示。
・地震や津波など緊急の災害情報も、すぐにお知らせ。