ホーム > 記事一覧 > 検索注目ピックアップ一覧 > 「下町ロケット」ナレーターを務める松平定知さんから見たドラマのみどころとは?

Yahoo!検索で急上昇したヒトやモノに突撃取材、コメントもご紹介!「検索注目ピックアップ」

「下町ロケット」ナレーターを務める松平定知さんから見たドラマのみどころとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NHKアナウンサー松平定知さんが、11月8日のNEWSポストセブンの記事「松平定知氏が『下町ロケット』で語り 民放から依頼され驚き」が話題になり、11月9日のYahoo!検索のデイリーランキングに急上昇しました。
http://searchranking.yahoo.co.jp/burst_ranking/20151109

「下町ロケット」は直木賞受賞作のドラマ化ということで放送前から注目されており、11月15日には前半「ロケット編」が完結、高視聴率を記録しています。
松平定知さんというと、「NHKスペシャル」「その時歴史が動いた」などドキュメンタリーでのしっかりしたナレーションが印象深いですが、ドラマの語りとの違いなどはあるのでしょうか。

松平定知さんにお話をうかがいました!


松平定知さんプロフィール

まつだいら さだとも
元NHKアナウンサー

1969年・早稲田大学卒。同年NHK入社。高知放送局赴任。
1974年・東京アナウンス室。理事待遇アナウンサー。
2007年・NHK退社。 
現在・京都造形芸術大学・教授。

主な番組歴は、「連想ゲーム」「日本語再発見」などの番組を経て「朝のニュースワイド(現・おはよう日本)」、「19時ニュース」「ニュース11」など、テレビニュース畑を15年。
NHKスペシャルは「マネー資本主義」「日本人はなぜ戦争へ向かったのか」「テクノパワー」などの"シリーズもの"のキャスターや、「ワシントン条約」「箸墓古墳」「入れ歯のハナシ」などといった"単発もの"のキャスター。これに「世紀を超えて」「新シルクロード」「中国」「大モンゴル」などのシリーズもののナレーションを含めると100本を超える。
この他「アンコールワット」「英仏海峡トンネル開通式」「地中海」など海外長時間生中継番組、朝ドラ「かりん」ナレーションのほか、「各種選挙開票速報」「昭和史報道」「湾岸戦争」「紅白歌合戦」など特別番組も多数。とくに、「世界遺産100シリーズ」を7年。「その時歴史が動いた」は9年。ラジオでも、ラジオ深夜便の「藤沢周平朗読シリーズ」は9年続き、いずれも好評を博した。

受賞歴
2007(平成19)年 年間放送人グランプリ・特別賞
2010(平成22)年 放送文化基金賞(個人・団体 W受賞 )
2013(平成25)年 前島密賞
2013(平成25)年 衛星放送協会オリジナル番組アワード編成企画最優秀賞
ほか

主な著作物
「歴史を『本当に』動かした戦国武将」 小学館
「幕末維新を『本当に』動かいした10人」 小学館
「心を豊にする言葉術」 小学館
「松平定知朗読集」全5巻 小学館
「『その時歴史が動いた』傑作集 DVDマガジン」全13巻 講談社 
「謀る力」小学館
ほか多数

朗読CD
日本の名作 「松平定知が読む芥川龍之介」 好評発売中
http://www.nichigai.co.jp/sales/akutagawa.html

松平定知さんとQ&A

――「下町ロケット」のナレーションが話題ですが、「その時歴史が動いた」のようなドキュメンタリーとドラマとで語り方や気持ちの込め方など変えていることや工夫していることはありますか?
松平定知さん 「その時歴史が動いた」の場合は、ナレーションのあとに顔を出してキャスターとして出演していましたから、その点がドラマとは違うかもしれませんが、基本的には変わるところはありません。つまり、ナレーター(ナレーション)が目立ってはいけないということ。
役割としては、これまでの経過の整理と、今後の展開への興味の持続。それに尽きると思います。要するに、役割としては物語の水先案内人ですね。
僕は美声ではないので、間(ま)や息遣いで、言葉の意味が皆さんの心に届くように腐心しています。

――松平定知さんから見た「下町ロケット」のみどころを教えてください。
松平定知さん 懸命に努力をしていたら報われないはずはない。という多くの人々の願望をきちんとかなえてくれる展開。その過程を、ハラハラドキドキしながら固唾(かたず)を呑(の)んで見守る視聴者のひとりです。抵抗勢力は大きければ大きいほど、邪悪であれば邪悪であるほど、達成した時の爽快感は倍加します。
多くの日本人が、スカッとする読後感。まさに勧善懲悪の一大巨編だと思います。

――最近何を検索していますか? 実際に検索してみたワードを教えてください。
松平定知さん 今年は家康の没後400年だった関係で、家康徳川家に関わる事柄とか、来年の大河ドラマ真田家に関する事柄などに、時々利用させていただいています。

「下町ロケット」は固唾を呑んで見守る視聴者のひとりとのことですが、物語の水先案内人として「言葉の意味が皆さんの心に届くように腐心」しているという松平定知さんのナレーションもまた番組のみどころですね。これからもさまざまな番組での活躍を期待しています! 

新着

公式アカウントで最新情報配信中!

  • Facebook

    Yahoo!検索の公式Facebookページ。

  • Twitter
    (@YahooSearchJP)

    Yahoo!検索の公式Twitterアカウント。

こちらもチェック

Yahoo! JAPANトップページをホームページに設定しよう
・気になるニュースをタイムリーに配信。
・あなたの地域の天気をピンポイントで表示。
・地震や津波など緊急の災害情報も、すぐにお知らせ。