連載

検索ワードから気になる話題をキャッチ! | トレンドサーフィン

プロゴルファー「松山英樹」と「石川遼」、みんなの関心の違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年7月31日

ゴルフ場

松山英樹:愛媛県出身。東北福祉大学在学中で、2010年のマスターズでは日本人史上最年少で決勝進出を果たす
石川遼:埼玉県出身。ニックネームは「ハニカミ王子」。2009年に最年少で日本ゴルフツアー賞金王になる


ともに21歳、天才ゴルファーとして注目される「松山英樹」と「石川遼」。

松山英樹は、今季プロに転向し、すでに日本ゴルフツアーで2勝。7月の全英オープンでも6位タイに入るなど好成績を残しています。かたや石川遼は、2009年に賞金王に輝くも、今季はいまいち調子が上がりません。

両選手の検索数推移を比較してみると、概ね一定の検索数で推移する石川遼に対し、松山英樹は上昇傾向にあるのがわかります。最近の成績を反映してか、ツアーがある週末は松山英樹の検索数が石川遼を上回る日が増えてきました。


「松山英樹」「石川遼」の検索数推移

「松山英樹」「石川遼」の検索数推移

1:6月21日、日本ツアー選手権「宍戸ヒルズカップ」第2日で、初日最下位だった石川遼が猛追をみせるも予選落ち
2:7月22日、松山英樹が全英オープンで、タイガー・ウッズらと並び6位タイに入る


集計期間:2013年3月1日~2013年7月29日


ともに検索されるワードをみてみると、松山英樹は、「クラブセッティング」や「スイング」などゴルフに関するワードが上位にランクインしています。一方の石川遼は、「髪型」や「彼女」などゴルフとは直接関係ないワードが目立ちます。


「松山英樹」「石川遼」とともに検索されるワードランキング

集計期間:2013年3月1日~2013年7月29日


石川遼が賞金王を獲得した2009年のランキングではゴルフに関するワードが上位にランクインしていますが、調子の上がらない最近は、プライベートに注目が集まっていることがわかります。


「石川遼」とともに検索されるワードランキング(2009年)

集計期間:2009年1月1日~2009年12月31日


ちなみに「タイガー・ウッズ」とともに検索されるワードをみても、2009年のスキャンダル発覚以降、長らく勝利から遠ざかっていた2010年~2011年はゴルフに関係ないワードが、本来の調子を取り戻した2012年以降はゴルフに関するワードが多くランクインしています。


「タイガー・ウッズ」ともに検索されるワードランキング

集計期間(左):2010年1月1日~2011年12月31日
集計期間(右):2012年1月1日~2013年7月29日


7月29日現在の世界ランキングでは、松山英樹(33位)が石川遼(158位)を大きくリードする形となっていますが、今後もよきライバルとして、世界を舞台に活躍してほしいですね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加