連載

こちら検索探偵 | 検索とカラダを使って大調査!

4月29日は昭和の日! 検索と足で「昭和レトロなモノ」を調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年4月10日

4月29日は昭和の日です。最近ではあちこちに駄菓子バーができたり、ネット上でも「懐かしい画像を挙げるスレ」みたいな記事もたくさん作られたりで「昭和ブーム」みたいなものが来ている印象。

今回は「昭和の日」に向けて、「昭和レトロなモノ」を調査してノスタルジーに浸ってみようというわけです。

「東京 ノスタルジー」で検索

すると「全国ノスタルジー探訪」なるサイトがヒット!

ふむふむ、こちらの管理人さんは、現代に残る「懐かしいモノ」を探してあちこち取材へ出かけていらっしゃるみたい。
おお! 今回の趣旨にぴったりじゃないか......! いろいろ話を聞かせてもらおうと思い、アポを取ってみる。

まあでも、見ず知らずの人にいきなり呼び出されても、なかなか厳しいだろうな......。

その道のプロに聞こう

あっさり来てくれた。

やったー! ありがとうございます! さすがフットワークが軽い!

こちらが、ご夫婦で全国ノスタルジー探訪を運営していらっしゃる野村さん。

いやいや、今日はわざわざすいませんねぇ。実はかくかくしかじかで、「昭和なモノ」を探しているんですが......。

野村さん「なるほど。ではこういうのはどうですか? ○○にある喫茶店なんですが......」

スマートフォンの画面で、過去に行ったことのあるお店の写真を見せてくれる野村さん

僕「おーなるほど。レトロですね!」

野村さん「はい。こういうのもありますし、こっちはどうですか? ほかにもこういうのがあるんですが、ここはちょっと遠いかな......」

とんでもない勢いで画像を見せてくれまくる野村さん。今この人、絶対テンション上がっている。昭和なモノには、人を饒舌(じょうぜつ)にする効果があるのかもしれない。

なつかしいオモチャの自動販売機の話

僕「そういえば昔、COSMOSっていうオモチャの自動販売機ありましたよね」

野村さん「あー、ありましたね」

「COSMOS 自販機」で画像検索。真っ赤な筐体(きょうたい)が目印のオモチャの自動販売機

こちらの自動販売機、ご存知の方も多いのではないでしょうか。僕が子どものころは、帰省先のおばあちゃん家の近所の雑貨屋さんに設置してありました。

この自販機の中にはオモチャが入っているはずなのですが、「あれ? これってオモチャっていうか、ゴミじゃね?」みたいな、何に使うのかが全然わからないスイッチ(本当にスイッチが1個ゴロンと入っているだけ)とか、もらっても1ミリも感情が動かない犬の形のキーホルダーだとかが入っていることも多いんです。

今思い返せば「ひどい商売しやがって......!」と思わなくもないのですが、たまに丸一日遊べるような秀逸なオモチャが入っているときもあって、帰省中はおばあちゃんからもらった100円玉を握りしめて、毎日足繁く通ったものです。

野村さん「あ、そのCOSMOS、まだありますよ

僕「え! 嘘!? どこにあるんですか!? 行ってみたいです!」

野村さん「栃木です

栃木か......

立ち込める暗雲

どうしよう。栃木。栃木はここからすんごく遠い。

僕「都内にはないんですか?」

野村さん「たぶんないと思います。自販機だけなら放置されているのがあるかも知れませんが、稼働しているのは栃木にしかないんじゃないかと......。株式会社コスモスは倒産したんですが、栃木県内の企業が業務を引き継いで展開しているらしいです。この間、足尾銅山に行ったときに稼働している自動販売機を見かけましたよ」

あ、足尾銅山......!? 栃木に行くとしたら、レンタカー借りなきゃいけないじゃん......。

野村さん「あ、車で行くなら、ぜひオートレストランに寄ってください。レトロな自販機があるんで丁度いいと思いますよ。ハンバーガーの自販機とか」

「ハンバーガー 自販機」で画像検索。昔懐かしの自販機。高速道路のサービスエリアで大活躍していましたね

僕「おお! 懐かしい! これ、スイミングスクールに設置してあって母親にしょっちゅうねだって怒られましたよ! まだあるんですね! ぜひ行きたいです!」

野村さん「はい。近いとこだと、埼玉の行田市にあります」

近くない。行田もここからは全然近くないよ。野村さんのフットワーク感覚は軽すぎると思います。えーー。どうしよう......。

そして当日

結局、レンタカーを借りてしまった

どうしよう。本当に栃木まで行くのか僕は。

渋い顔で車を運転する僕

道中、同行の撮影係、加藤にひたすら文句を言いながら、車を走らせること1時間。

そういえば、朝起きてから何も食べてないのでそろそろお腹がすいてきた。

僕「あ、加藤君。びっくりドンキーがあるよ。お腹すいたし食べよう」

加藤「は? これからハンバーガー食べるのにハンバーグ食べたらダメですよ。着くまで我慢してください

意味がわかんない。

そして渋谷を出発して2時間後、ようやくお目当てのオートレストラン「鉄剣タロー」に到着。

すでに疲れきっている

昭和な自動販売機とご対面

オートレストラン内部

おおー! 懐かしい自動販売機でいっぱいだー!

昔、よく見たタイプのアイスの自動販売機。残念ながら故障中

このうどんの自動販売機もあちこちで見た気がする。懐かしいなー!

そしてこれが、ハンバーガーの自販機

一緒に映っているのは、偶然居合わせた東京在住の会社員の男性

こちらの男性は、都内からわざわざ懐かしの自販機を見にきたそうだ。やはり昭和ブームは来ている。

さっそく、自販機でハンバーガーを購入

値段は220円。マニア垂涎、これまたレトロなニキシー管が表示する秒数を眺めながら、1分ほど待つと、アッツアツのハンバーガーが出てくる。

死ぬほど熱くてヤケドしそうになりながらもいただきます!

うん。おいしい

「こんな味だっけ?」ってな具合に、もう味などは忘れてしまっていましたが、普通においしいです。

ハンバーガーだけでは足りないのでうどんも購入。

かき揚げ風のてんぷらも入って300円。意外に量も多い

なんか、学校の給食で出たうどんってこんな味だった気がする。ソフト麺っていうんですかね? アレと同じ味がする。懐かしい! 昭和の味だーーー!!

懐かしの自販機群を眺めて、昭和に浸る僕

僕「よし! 目的も果たしたし帰るか!」

加藤「何言ってるんですか。まだ今日のメインイベントがまだです。行きますよ。栃木に

僕「マジっすか......」

嫌がりつつも栃木へ

完全に精気を失った僕の顔

埼玉県の行田市から栃木県の足利市へ。

野村さん曰く「足利コスモス」という企業が現在業務を引き継いでいるらしいので、Yahoo!知恵袋で調べてみた。

「足利コスモス」で検索。なるほど。ゴロゴロ出てくる

そんなわけで(有)足利コスモスさんのサイトの設置店情報を頼りに、ひたすら車を走らせる。

赤いあの自販機が見つからない

1軒目。休業中

どうなのよこれ......! お店の前には空き缶が散乱していて、どう見ても営業しているようには見えない。設置店情報が古かったのか。

続いて2軒目。やったー! 今度はちゃんと営業してるーーー!!

......と思いきや、設置してあったのはCOSMOSのガチャガチャだけ!

おろろーーん! あの赤い自動販売機じゃないんだ......! これには相当がっくり来ましたよ...!

せっかく来たのでやってみる

全然意味がわからない、黄色いグニグニした気持ち悪い人形? が出た

あーそうだった。そうだったんだよこのガッカリ感。これ何に使うんだよ......!
こんな所まで懐かしがらせてくれなくていいのに!

ちなみに、この懐かしのじゃんけんゲームは10戦1勝9敗でした。強すぎ

会社に聞いた方が早そうだ

仕方ないので、(有)足利コスモスさんに電話して聞いてみる

足利コスモスさん「あ、赤い自動販売機探してんの!? 今どこ? 足利? え!? 東京からわざわざ来たの!?

なんかびっくりされてる。

足利コスモスさん「あ、じゃあね、群馬県の伊勢崎市にあるから、そこがいいんじゃないかな!」

今度は群馬かよ......!

そんなわけで、また車を走らせること30分。

感動の対面

やったーーーーー!! 発見したぞおおおおーーー!!

東京から埼玉、埼玉から栃木、栃木から群馬へと散々走り回ったあげく、やっとこさCOSMOSの自動販売機を発見!! すっかり日が落ちてしまった。

ああ......愛しのCOSMOSちゃああん!! 歓喜のあまり、筐体をペロペロ舐める僕(後で拭き取りました)

筐体こそ変わってないものの、中身はなんと500円に値上げ

500円はちょっと高くない......? と思ったものの、せっかく来たんだしやらないわけにはいかない。

ひょっとしたら中身もグレードアップしていて、すごくいいものが当たるのかも知れない(新宿の土地とか)。

100円玉を5枚投入して、恐る恐るレバーを下げる。

懐かしのガッカリ感

ショボいペーパーナイフが当たった

いや、まあ、こんなもんなんですかね......。これが500円かぁ。

ペーパーナイフっていう割には、作りがチャチいので紙が切れるとは思えないんだけど......。

もう一回挑戦!

今度こそいい商品が当たるはず!

なにせ500円だからね!! 土地が当たってもおかしくない!!

ペーパーナイフが当たりました(3分ぶり2度目)

えええええ!? 何それ!

まあ「ダブリ」はこういう自動販売機の宿命っちゃ宿命だけど、それにしたってひどくない!?

一回500円だよ!? こちとら東京から来てるんだよ!?

3度目の正直! 土地、当たれぇぇぇぇ!!

やったー!! ペーパーナイフが当たったぞーーーーー!!!!

僕「うん。帰るわ

いやね。懐かしいよ。このガッカリ感も含めて懐かしいんだけどね。こういうのがあるからこそ、いい商品が当たった時の喜びも大きくなるからね。

それにしても、東京から4時間かけて来た僕にはダメージが強すぎた......!

ちなみに東京に戻った時のメーター。総移動距離:238km

加藤「まあたしかに、栃木は遠すぎたので今度は都内で探してみますか」

僕「よし、じゃあ今度は都内で駄菓子屋を探してみよう」

今度は駄菓子屋めぐりツアー

そんなわけで翌日。今度は、都内の駄菓子屋さんを探してみる

「東京 駄菓子屋」で検索

お! 「全国駄菓子屋さんマップ」なるサイトがヒットしたぞ! まずはこれを頼りに行ってみよー!

1軒目。江戸川区平井駅から徒歩5分のぼうや商店。休業中

またこのパターンか......!

近所の人に聞いてみたところ、お店のご主人が体調を悪くされてからはお店を閉めているらしい。ドラマの撮影などでよく使われているお店ということで、期待していたのですが......。

2軒目。雑司が谷の鬼子母神境内にある上川口屋さん。こちらは営業中

懐かしいお菓子がたくさん! オモチャもあるぞ!

ビッグカツとラムネを賞味。うまい

上川口屋のお母さんに話を聞いてみた

僕「子どもとかは、あんまり買いに来ないんですかね」

お母さん「そうねぇ。今は子どもがだいぶ減ったから、大人が懐かしがって買いに来る方が多いかもねぇ」

僕「あーそうなんだ。なんかちょっと寂しいですね......」

お母さん「まあ時代の流れだししょうがないよねぇ......」

なんだろう。確かに懐かしいんだけど、何かが物足りない。
大事な何かが欠けているような......。

今度は日暮里の駄菓子屋さんへ

そんなわけで3軒目の駄菓子屋さん。日暮里南公園のそばにあるKUME商店

さっきとはうってかわって、大きな公園のそばにあるせいか子どもがたくさん!

店内には、ところ狭しと駄菓子が並んでいる

駄菓子を物色している間にも、子どもが入れ替わりたちかわり次々とやってきては、お菓子を買って行く。あーなるほど。わかった。さっきの駄菓子屋さんに足りなかったのは子どもだ

そう、駄菓子屋さんで一番大事なものといえば、蒲焼さん太郎でもブタメンでもなく、子どもなんじゃなかろうか。店内に置いてあるどんな駄菓子よりも、はしゃぐ子どもの声にこそ、ノスタルジーを感じる気がする。

10円ゲームを堪能

店内で買ったおでんを片手に、店先に置いてある10円玉を入れるタイプのゲームを物色

コインをはじくパチンコ式のゲーム。3回飛ばして、ヒットかホームランの場所までコマを進める

何回やってもスカばかりで、僕のギャンブル魂に火がついた

野次馬が集まりはじめる

両替した大量の10円玉を手に、ひたすらコインを追加。「当たるまで絶対やめへんで!」という僕の決意のただごとのなさを感じ取ったのか、子ども達が集まってきた。

ちなみにこのとき、すでに150円。連続15回もハズしている。

僕「これ、当たると何が出てくるん?」

子ども「金券がもらえるよ!」

僕「マジで!」

そして繰り返すこと28回目。見事に金券をゲット!!

やったー! 大人の財力を舐めんなよ! 280円使ってやったぜ!!

僕「お母さーん! この金券、いくら分なんですかー!」

お母さん「20円

20円かぁ。

僕の後にやった子どもが、10円で金券ゲット。何それ

今の子どもと、昔の子ども

喉が渇いたら、30円のジュースを飲む。死ぬほどあまい

この間にも、ひっきりなしに駄菓子屋に子ども達が訪れております。

僕「君ら、普段は何して遊んでんの?」

子ども「うーん、その辺をブラブラ散歩したりとか......?」

おっさんか。

公園では、ボール投げをしたりゴム飛びをしていたりする女の子グループも。DSをやっているグループもいましたが、子どもの遊びはいつの時代もそんなに変わらないのかもしれない。

子ども達の前で、けん玉を得意げに披露する僕

今回の記事で、ハンバーガーやCOSMOSの自販機や懐かしの駄菓子やオモチャなどをたくさん見てきましたが、僕のノスタルジーを掻き立てたのは何より、公園で遊ぶ子ども達の笑い声であります。

「ああ、僕もこうだったなぁ......」と感慨深いものがありますね。昭和の時代も平成の時代も、子ども達の笑い声はきっと変わらないんだと思います。

貴方の家の近くにも子ども達の遊び場があるはずなので、フラッと立ち寄ってノスタルジーに浸るのもいいかも知れませんね。通報されないように注意は必要かも知れませんが。

そんなわけで、今回の調査まとめー!

・「昭和なモノ」は、ネット上の情報も古かったりするので要注意だ!
・ガチャガチャにはあまり熱くなりすぎるな!!
・ノスタルジーに浸りたいなら、子ども達の笑い声が聞こえる場所に行くべし!

時間がないのなら、「昭和」で動画検索して気分を高めるのも◎

今回の検索ワード

「東京 ノスタルジー」 - Yahoo!検索(ウェブ)
「COSMOS 自販機」 - Yahoo!検索(画像)
「ハンバーガー 自販機」 - Yahoo!検索(画像)
「足利コスモス」 - Yahoo!知恵袋
「東京 駄菓子屋」 - Yahoo!検索(ウェブ)
「昭和」 - Yahoo!検索(動画)

ライターの顔写真

ヨッピー(+有限会社ノオト(http://www.note.fm/))

フリーのライター。平日毎日更新の Webマガジン「オモコロ(http://omocoro.jp/)」(外部サイト)や「探偵ファイル(http://www.tanteifile.com/)」(外部サイト)で活動中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加