連載

勝手に判定! 検索から見える県民性

最もブラック企業が多いのは、やはり「東京都」だった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年2月20日

「天下の悪法」と呼ばれた「生類憐みの令」は徳川綱吉が発令し、江戸を中心にブラックな社会にした。東京には、江戸時代からブラックな根性が染みついているのかも!?
イラスト/藤田マサトシ

不景気のせいか、「ブラック企業」や「社畜」なんて言葉を最近よく聞くようになりましたね。そこで今回は、ブラック企業が多い都道府県を検索率から調査。調査結果からは、「最もブラック企業が多いのは東京都」ということがわかりました!

まずは、東京都が1位となったこのワードから......。

「過労」の地域別の検索率分布図

東京都民は働きすぎ! ほかにも「偽装請負」など、いかにもブラックなワードで1位を獲得。北海道民も過労の人が多いというのは意外でした。

お次は、東京都が2位を獲得したワードです。

「ブラック企業」の地域別の検索率分布図

そのものズバリ、「ブラック企業」では2位でした。とはいえ、1位と3位は東京都のベッドタウン。もしかすると、トップ3とも勤め先は東京都ってこともあり得ますね......! そもそも東京都に会社が多いというのもありそうですが、恐ろしすぎる......。また、「派遣切り」「寝れない」「クラッシャー上司」などでも2位。働き過ぎているのに、それでも仕事をなくすことをおびえているなんて......!

また、東京都にはおよばないまでも、ほかに目立った県がありました。

「同族経営」の地域別の検索率分布図

徳島県には、同族経営の会社が多い......!? また、「睡眠不足」「洗脳」などでも徳島県は1位......。「そもそも会社が多い」という東京都ほどの理由もなさそうなので、トップより地味に嫌な感じになってしまいましたね......!

とはいえ、ほとんどのワードで上位に位置していたので「東京都が最もブラック企業の多い都道府県」と言い切ってもいいのではないでしょうか。では、実際のところはどうなのか? 東京都出身のお笑い芸人、長州小力さんに伺ってみました。

記者「東京都が『最もブラック企業の多い都道府県』となりましたが、なぜこのような結果が出たと思いますか?」

長州小力「地元では悪いことや、何か問題など起きればすぐに噂になってしまう気がします。その点、東京都は地方から出てきて働いている人が多いので、過去の自分を余り見せずに生きていけることから、多少のグレーゾーンに足を踏み入れている人もいるのかもしれませんね」

記者「確かに、東京都民といえど地方出身者が多いですからね。長州小力さんの身近に、ブラック企業ってあったりしますか?」

長州小力「自分が受けているという実感はないですが、芸能プロダクションもある意味ブラック企業になるのかもしれません。勤務時間や休日などが決まっているものの、タレントやマネージャーは関係ない場合が多いんです。大手プロダクションであれば、ボーナスや残業・休日手当などもしっかりあると思いますが、小さなプロダクションではそこまでしっかりしてないこともあると聞きます。また、自分が営業に行ったギャランティーが代理店から未払いになり、連絡不通になることもありましたよ」

記者「えー!? そんなひどいこともあったんですね......。では、もし長州小力さんがブラック企業に勤めてしまったら、どうやって改善しますか?」

長州小力「自分が働いている企業がブラック企業だと実感しているのなら、よくするためにキレるべきですよ! ラリアートを決めて、サソリ固めからの3カウントですよ!」

【結論】
普段は「キレてない」長州小力さんでも、ブラック企業にはキレる!

※ランキングはYahoo!検索で検索されたワードを都道府県別に分析した、検索率分布によります。
※集計期間:2011年12月26日~2012年12月25日

ライターの顔写真

加藤 亮

コンテンツメーカー「有限会社ノオト(http://www.note.fm/)」(外部サイト)所属。平日毎日更新のWebマガジン「オモコロ(http://omocoro.jp/)」(外部サイト)の副編集長としても活動中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加