連載

こちら検索探偵 | 検索とカラダを使って大調査!

ネットの雑学で冬の寒さに耐えられるのか! 野宿で大調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月10日

12月某日。東京ミッドタウン・ヤフー本社内。

僕「そんなわけで、冬ですし『寒さに耐える雑学を調査』みたいなネタをやろうかと思っていまして......。薄着でどこまで耐えられるか、実験してみようかと思っています」

編集部「うーん、薄着かぁ。それだけだとインパクトが弱いなぁ......」

僕「弱いですか......」

編集部「野宿、どう?」

僕「は?」

というわけで、回を増すごとに体のはり方がどんどん酷くなっているような気がする当連載! 今回は「ネットの雑学でどれだけ寒さに耐えられるか! 野宿で大調査!」です! バカじゃねーの!

野宿、マジでヤバい

いや、どう考えてもヤバいでしょ! 真冬でしょ! 下手したら凍死とかする人が出る季節でしょ!

僕「じゃあしっかり厚着して、寝袋とかホッカイロとか、態勢を万全に整えて行かないとですね......」

編集部「いやそれだと実験にならないから、必要最低限でお願いします

僕「殺す気か」

えーと、するってーと何かい? 通用するかどうかもわからん雑学だけで、この真冬のクソ寒さと対抗しろってこと?

ヤバい。これはどう考えてもヤバい。来月からこの連載が打ち切りになったら、「そういう結末を迎えたんだ」と思っておいてください。僕はまだ死にたくない。

とりあえず調べてみる

とりあえず、やってみなければわからないのも確か。ということで、野宿についていろいろと調べてみる。

「野宿」で検索、と......。

結果が出たぞ!

お! 「青学野宿愛好会」(http://www20.atwiki.jp/nojuku7/) なるサイトがヒットしたぞ! 大学のサークルか何かかしら? 野宿の愛好者なら真冬の野宿について色々アドバイスが貰えるかも知れない!

サイトに記載されていたTwitterのアカウントから取材の申し込みをすると、いい返事がいただけた上、丁度野宿を計画中とのこと。早速取材へ向かう。

野宿愛好会とのコンタクト

向かったのは、勝どき橋。この橋のたもとで野宿中らしい

橋のたもとに向かうと、何やら若者の集団が......

僕「ひょっとして、野宿愛好会の方々ですか?」

「はい! そうです!」

野宿愛好会の方々。写真の真ん中が、副代表のよっしーさん。鍋を囲んで楽しそう

僕「突然すいません! 何やらワイワイ楽しそうですね」

よっしーさん「いや、実際楽しいですよ」

僕「いつも、ここで野宿しているんですか?」

よっしーさん「いろんな場所でやっているので、いつもここってわけではないんですが、年に一回はここで集まりますね」

僕「なるほど。実は今日、お邪魔したのはかくかくしかじかでして......。真冬の野宿に向けたアドバイスなどをいただければ......」

よっしーさん「えー、そんなの特にないですよ。酒飲んで鍋食って後は寝る、って感じです。ほかには......ダンボールが割と暖かいくらいですかね?」

全然参考にならねぇ

僕「なんすかその適当ぶり。言われてみればよっしーさん、ジャンパーも着ていないしめちゃんこ薄着じゃないですか!?」

よっしーさん「今日は割と暖かいんで。寝る際にはもっと着ますけどね」

えーそんなもんかなぁ......。意外と野宿って、つらくないものなのかも知れない。

僕「そもそも、野宿って楽しいんですか?」

他のメンバー「楽しいですよ。こうやって友だちとお酒を飲んで鍋を食べて、空を見ながら眠くなったら寝る、というのが、すごく自由な感じがします」

うーむ、そうか......。言われてみれば、僕もキャンプとかアウトドアな遊びは好きだし、冬とはいえそこまでつらそうにも見えない......。やってみれば実際楽しいのかも知れないなぁ。

野宿の準備へ

野宿当日。言われた通り、とりあえずダンボールの入手先を調べる

「ダンボール もらえる」で、Yahoo!知恵袋がヒットした!

なるほど。ダンボールはドラッグストアなどに行けば、無料でわけてもらえることが多いらしい。それらしいお店を探していたところ、お店の前にダンボールを積んであるドラッグストアを発見!

お店の前に、たたんだダンボールが大量!

僕「すみませーん! ダンボールをいただきたいのですがー!」

「どうぞ持って行ってください」とのことで交渉成立!

無事にダンボールをゲット! 最悪、これでダンボールハウスを作れば寒さをしのげるはず!

酒と鍋とダンボール、という野宿愛好会の言葉を頼りに、続いては鍋の材料を調達

「体があったまる鍋」で、検索すると「とろみ鍋」がもっとも体を温めてくれるのだとか。

レシピ検索から「とろみ鍋」でレシピを調べる

どうやら、煮えた後に火を止めて、水溶き片栗粉をいれればOKみたい。唐辛子などの香辛料も体を温めてくれるので、今回の鍋は「キムチとろみ鍋」に決定!

お酒と食材をゲット!

野宿の場所を決めよう!

今回、野宿するに当たって候補地を決める際、第一候補の代々木公園を調べてみた結果、「野宿禁止」ということで泣く泣く諦めました。

第二候補の多摩川の河川敷はどうか、ということで管轄の国土交通省に問い合わせた所、「構造物を建てたりせず」「1泊程度の短期間で」「周囲の人の迷惑にならない程度に」という条件のもと、「野宿に関しては問題なし」との回答をいただけました!

野宿、決行!

食材とダンボールを片手に、多摩川の河川敷へ

そんなわけで、多摩川の河川敷での野宿を決行したのであります。これが後の大惨事を生むことになるとは、この時はまだ知らなかったのだ......!

雨を避けるため、橋の下に野宿地を設定。

そんなわけで、ここが一晩を過ごすための本拠地となります。この日はあいにくの雨で、神奈川の12月とは言えども、吐く息が白くなる程度には寒い......。

橋桁のスプレーの落書きが、少しこわい雰囲気であります。なんか、拉致されて河川敷に連れてこられた人みたいになってる。

体が温まる鍋を作ろう

お腹が空いていたので、さっそく鍋の準備に取り掛かる。この日の具材は、長ネギと白菜、豚バラ肉、ソーセージ、キムチと、シンプルな構成。

「体を温める 食材」で検索してみたところ、長ネギや白菜といった冬が旬の野菜は、体を温める効果があるそうですよ。キムチに含まれる唐辛子も、体を温めるのに効果アリ!

頼りの懐中電灯を口にくわえながら、キムチ鍋のもとを投入。アウトドアっぽい!

と、ここで同行カメラマンである加藤から、余計な横やりが!

加藤「服を着ていたら体が温まったかどうかがわかりづらいので、一度服脱いで、体の芯まで冷やしてから食べてください」

え!?

ちょっと待って! えええ!?

え? マジでこれでやるの!?

えええええええ! 意味わかんねぇ! 寒いよマジで! これ、橋桁が風の通り道になっていて、ずっと風も吹いてんだけど! そもそも「必要最低限」とかいわれてたからそんなに厚着してないし! 寒い! 死ぬ!

ガスコンロで暖を取りながら、調理を続行

ちなみにYahoo!検索で調べたところ、神奈川側の河川敷では火器の使用がOKとのこと。現場でも火器使用時の注意事項などが書かれている看板がありました。ただし、東京側は火気厳禁とのことなのでご注意を。

それにしても、早いとこ作らないとマジでつらいぞこれ......! なんで僕真冬の河川敷で半袖なんすか......! 僕、前世で何か悪いことした?

酒でも飲まんとやってられん! ということで、ウーロンハイをグビグビいく

全然温まらない。ウーロンハイ程度じゃ温まらんぞこれはーー!! 日本酒の熱燗とかにすればよかった......! ウーロンハイ自体が冷たいので、体が温まって来るまで相当時間がかかりそう! 真冬に半袖で野宿する際は、熱燗かホットワインをおススメしておきます! そんなことするやつなんていないだろうけどな!!

鍋ができあがったら、水溶き片栗粉を投入してとろみをつける

キムチとろみ鍋、完成

できたー! めちゃくちゃうまそう!

いただきまーす!

やべーー! うまい! 外で食う鍋は、最高かも! とろみを加えることで、味がしっかりついている気がする! でも寒い! マジで寒い!

加藤「どうですか? 温まりますか?」

温まらねーよ!

流石のとろみキムチ鍋でも、真冬に半袖着てるやつをポッカポカにするほどのパワーはないっつーの! 北極にカイロ持っていっても意味がないのと同じ理論だよ! 考えればわかるだろ!!

加藤「うーん。それだと、鍋で温まったかどうかわからないじゃないですか......。じゃあ比較対象にこれを食べてください」

ソフトクリーム。こいつ、絶対僕を殺す気だと思う

わかった。温まる! とろみキムチ鍋温まるわー! もう体の芯からポッカポカだよ! 半袖でも、じゅうぶんなくらいにポッカポカだよ! ソフトクリーム食うのにくらべたらな!

加藤「そうですか。効果があることがわかってよかったです」

うるせえ!

そんなわけで、鍋を食べたところで「少しマシかな?」くらいの効果しかないので(半袖着ていれば当たり前)、ドラッグストアで調達してきたダンボールを活用してみることに。

助けて! ダンボールさん!

この寒さをなんとかしてくれーーー!!

「ダンボール 防寒」で検索

お! ダンボールハウスで防寒!? バッチリじゃん! そんなわけで、ネットの情報を元にダンボールハウスを作成いたします。
材料は、ダンボールとガムテープだけでオッケー!

なるべく、同じ大きさのダンボールを組み合わせる。まずは壁を作成

こんな感じに、ぐるっと一周。「完成したら半袖になる」という条件で、服の着用を許可された。鬼か

壁ができたら、床に一枚ダンボールを敷く

フタを作れば完成!

やったーー!! これで少しはマシになるかも!! これをレジャーシートの上に移動して、と......。

あっ!!

ここで大事件が勃発

レジャーシートの上にこぼれた鍋の汁を思いっきり踏んで、靴下を喪失

いい加減にしてくれ。

ちょっと待って! 裸足って、なに!? 真冬なんですけど! なんで某麦わら海賊団の頭領みたいになってんの! えーー! これで野宿すんの!? 無理じゃない!? 無理無理無理無理!!

加藤「あ、ダンボールハウスできたんですね。じゃあ、約束通り服を脱いでください

裸足の上、着ていた服まで強奪される僕

これ、拷問じゃない? ねえ? 拷問じゃないのこれ? 「冬野宿」っていう拷問が江戸時代にあっても全然おかしくない。偉い殿様が足軽に「汝、冬野宿の刑に処す!!」とか言ってても全然おかしくない。たぶん、上から三番目くらいに厳しい刑だと思う。こんなの、ダンボールハウスなんかに入っても絶対に意味がない。

ダンボールへ......

あれ、意外と暖かい

おー! すげぇ! ダンボールすげぇぞこれ! 半袖でもギリギリいける!!

半信半疑である同行の加藤も、ダンボールハウスに入れてみる

加藤「あ、本当だ。暖かいですね」

そもそもこの橋桁、風の通り道でずっと風が吹いていたので、場所選びからして完全に間違っていたのですが、ダンボールでその風を遮るだけでも随分と効果があるのです。

加藤「これなら、半袖でも全然大丈夫そうですね」

調子に乗るなよこの野郎。

しかしながら、多少暖かくなったといっても外は真冬。靴下を失った足先が、冷たくてしょうがありません......。

ストレッチがいいらしい

足先を温める裏技がないのか、調べてみる

Yahoo!知恵袋で「足 寒さ」と検索

お! カンタンなストレッチで、足がポカポカになる裏技!? アキレス腱を伸ばすストレッチがいいらしい! これならバッチリじゃん!

さっそく実行

ぐーっと、アキレス腱を伸ばしてみる

加藤「どうですか? ポカポカしてきました?」

しねぇよ! これ「寝る時に布団に入ったはいいけど、足先がちょっと冷たいなぁ」なんて時にやるやつだろ!! 真冬に半袖のやつが屋外でやっても全然意味ねぇ!

だめだめ! 全体的にだめだよ! リミットを超えた寒さには、対応できないよこれ!!

とっとと寝よう

たまたま通りがかった友人を半裸にして記念撮影。

その後は、偶然、本当に偶然通りがかった友人を捕まえて、半裸にして僕のつらさをおすそ分けしたりしながら過ごしたのですが、「バカなことをしてないでとっとと寝よう」という結論に達したので、そのまま寝ることに。

ちなみに僕はこの日、寝袋を持って来ていたのですが、同行の加藤が寝袋に入り、僕はダンボールハウスで寝ることになりました。

加藤、速攻で熟睡。

まあ、試しに寝袋に入ってみたら、ダンボールハウスの10倍ぐらい暖かかったですからね......。

僕はダンボールハウスに入って就寝。さすがに服は着させていただきました

AM2:00

寒くて寝られない。夜がふけるにつれて、どんどん気温が下がる。靴下を履いていない足先が、決定的につらすぎる。

AM3:00

全然寝られない。寒いし、寝返りをうつとダンボールハウスがバキバキいって、どんどん冷気が入ってくる。

AM4:00

なんか、ダンボールハウスが湿ってきた。雨の影響か何なのかわからないけれど、床に敷いてあるダンボールが湿って、冷たさが直に伝わってくる。

AM4:20

ケータイの充電が切れた。絶望しかない。

AM7:00

加藤「おー! 夜が明けてきたぞーーー! ヨッピーさん! 朝ですよー!」

加藤「いやーよく寝た! 野宿は大成功ですねヨッピーさん!」

一睡もできませんでした。

【そんなわけで今回の調査結果】
・検索でゲットした雑学を駆使しても、真冬に半袖だとあんまり意味が無いぞ!
・靴下をなくすと、足先が笑っちゃうぐらいに冷たくなるぞ!
・鍋も酒も、一時的に体を温めるだけで半袖を着ているとすぐに冷える!
・ヨッピーは特殊な訓練を積んでいるから大丈夫! よい子は真似をせずに、冬は家で寝ろ!

今回の検索ワード

「野宿」 - Yahoo!検索(ウェブ)
「ダンボール もらえる」 - Yahoo!検索(ウェブ)
「とろみ鍋」 - Yahoo!検索(レシピ)
「体を温める 食材」 - Yahoo!検索(ウェブ)
「ダンボール 防寒」 - Yahoo!検索(ウェブ)
「足 寒さ」 - Yahoo!検索(知恵袋)

ライターの顔写真

ヨッピー(+有限会社ノオト(http://www.note.fm/))

フリーのライター。平日毎日更新の Webマガジン「オモコロ(http://omocoro.jp/)」(外部サイト)や「探偵ファイル(http://www.tanteifile.com/)」(外部サイト)で活動中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加