連載

こちら検索探偵 | 検索とカラダを使って大調査!

「スカイツリーの眺望穴場スポットを大調査!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年5月10日

2012年5月22日、いよいよオープンを迎える東京スカイツリー。高さ634mのその美しい姿を目の当たりにすると、思わず「おお......」と声をあげてしまいます。しかし、もっと一風変わったスカイツリーの姿が望める場所がどこかにあるのではないか? 検索を駆使してネットで調べてみたり地元の方に聞いたり、スカイツリー眺望の穴場スポットを調査してきました!

まずはネットでのオススメを探してみよう

まず、ネットではどんな場所がオススメと言われているのだろうか?
Yahoo!検索を使ってその場で探してみることに。検索ワードは「スカイツリー 穴場スポット」。


はたして、素晴らしいスポットを検索から知ることはできるのか?


ん? 逆さスカイツリー?

なんでも、川に写り込むことで「逆さ富士」ならぬ「逆さスカイツリー」が楽しめるスポットがあるとか。

ネットの情報によると、「十間橋」が有名なスポットらしい。休日なら比較的空いている「西十間橋」がオススメとの書き込みも見られたが、取材日は平日。せっかくのチャンスなので、「十間橋」から撮影してみた。


この日は風が少しあったので、川にきれいに写り込ませるのは厳しかった

たしかに川にタワーがうっすらと写り込み、「逆さスカイツリー」になっている!

近くで同じように撮影をしていた地元のカメラマンに伺うと、「スカイツリーの建設途中まではきれいに全体が川に写り込んでいたけれど、完成後の高さでは全体が写り込まなくなってしまった」とのこと。

Yahoo!検索(画像)では、「逆さスカイツリー」で検索すると、ユーザーが投稿した素晴らしい「逆さスカイツリー」を拝むことができる。


いろんな建設途中のタワーが見られる

続いて、足を使って聞き込み調査だ!

ネットで調べたスポットでは、たしかに素晴らしいスカイツリーが拝めた。もっと穴場のスポットが知りたい!

次は街にて聞き込み調査を開始。やはり、自分の区のことは隅から隅まで知ってるはず......! ということで、さっそく墨田区役所に出向いてみた。


広報担当の小林さん

「墨田区は平坦な土地柄、区内のどこの場所からでもスカイツリーがきれいに望めます。ただ、逆光を避けるなら、午前中は東側から、午後は西側から撮影するのが良いと思いますよ」

広報担当として、特にオススメのスポットは?

「オススメしたい場所はたくさんありますが、スカイツリーのすぐそばにある押上天祖神社は、カメラを楽しむ方々に人気のスポットです。個人的には、京島南公園(通称マンモス公園)にある7mのすべり台の上から望むスカイツリーが好きですね」

ちなみに墨田区役所からスカイツリーまでの距離は"スカイツリー約1棟分"

小林さんによると、墨田区役所とスカイツリーの位置は、だいたいスカイツリー1棟分の距離だそうだ。スカイツリーは634m。本当にそうなのか?

Yahoo!ロコの「距離計測」機能で調べてみた。これは、スマートフォンで地図上の2カ所をタップすると距離を計ってくれる便利な機能だ。さて......?


スカイツリーと墨田区役所は、その距離690m

実に惜しい! でもほぼ近い。いっそのこと、スカイツリーのてっぺんをちょっと伸ばして690mにしちゃいたいくらいの誤差だ。もしくは区役所を近づけちゃうか。それにしても、スカイツリーがどれだけ高いのかが、こうして比べてみるとよくわかる。

墨田区がオススメするスカイツリースポットへ

それではさっそく、小林さんのオススメスポットを回ってみよう! まずは、スカイツリーのお膝元にある押上天祖神社から。

押上天祖神社のオススメポイントは、「狛犬のバックにそびえるスカイツリー」という構図。さて、どんな風に見えるのか? カメラを構えてみると......。


新旧が織りなす迫力のある作品に!

これはスタートから、なかなかかっこいい写真が撮れてしまった。このアングルを撮影するには、地べたに寝転ぶくらいに見上げなければならない。しかし、服を汚してでも押さえたいショットだった。

続いて、小林さんが個人的にオススメだという「京島南公園」へ行ってみよう。


地元の方には「マンモス公園」って呼ばれているそう

京島南公園は、大きなすべり台がどーんと中央に置かれた住宅地にある公園。近所には駄菓子屋さんが並んでおり、昔ながらの墨田区の面影が残っている。
さて、6.6mのすべり台から見るスカイツリーは......?


住宅地のはるか遠くにスカイツリー

高い建物が付近にないため、瓦屋根やトタン屋根とスカイツリーのコントラストが美しい。そして、すべり台の上で感じる風もとても気持ちが良い。地元の人だけが知る、あまり人には教えたくないスポットのような気がした。

ちなみにこのスポットに居座りすぎると、すべり台を楽しむ子どもたちから大ブーイングを受けるので要注意。

街中を走り回る人々に聞いてみよう!

次は、街中をぐるぐると走り回る職業の方にオススメの眺望スポットを聞いてみた。

まずは、タクシーの運転手さん。曰く、障害物がなく、どーんとスカイツリーが望める通りに出た時は爽快だという。オススメしてもらったスポットは2つ。1つは、錦糸町駅付近からスカイツリーまで一本道が続く「タワービュー通り」。もう1つは、観光客でにぎわう吾妻橋からのポイントだ。


電線が少々邪魔だが、この通りの電線は今後地中に埋設される予定だそう


吾妻橋からの光景は、スカイツリーよりも目立つオブジェも見えますが......

周遊バスから望むスカイツリー

区内の移動には、タクシー以外に区が運営する区内循環バスも。地元の住民が使う足としても、また観光客が使う周遊バスとしても便利な乗り物だ。


かわいい車体が目立つ、墨田区内循環バス「すみまるくん」

なんと、この車内からスカイツリーが望めるのだ! バス後方の天井がガラス張りになっており、スカイツリーを移動しながら見上げることができる。


このアングルはなかなか気づくまい!

郵便配達員にオススメスポットを聞いてみた


郵便配達員のオススメスポット、東武鉄道本社脇の道

郵便配達員に教えてもらったスポットは、障害物がまったくない道。スカイツリーの足下まで見られる場所はなかなかない。この道をスカイツリーに向かってバイクで走るのは、たしかに気持ちが良さそうだ。

ネット検索の底力を再度試そう

やはり地元をよく知る方々に聞くと、意外なスカイツリーの表情に出合える。
さて、ネットはどうなんだい?


検索の底力、見せてくださいよ〜


業平橋駅? とうきょうスカイツリー駅のことだ

Yahoo!知恵袋で「業平橋駅のホームからよく見える」との情報を入手。業平橋駅とは、2012年3月17日に「とうきょうスカイツリー駅」に改名した東武鉄道の駅だ。たしかにスカイツリーの足下にある駅なのだが......実際のところはどうなのだろうか?

そして気になるのは、「なぜかテレビなどではあまり紹介されませんが〜」の一文。なぜ、あまりメディアで紹介されないのか?

ということで噂のスポットに到着


噂の「とうきょうスカイツリー駅」ホームへ

なにやら、浅草方面行きホームの一番さきっちょから見えるスカイツリーが「近すぎてヤバい」らしい。本当なのか? ホーム先まで進むと......。

メディアで紹介されない理由がそこにあった

残念ながら、この場所での見学・撮影は禁止されていたのだ。ネットでオススメ紹介されていたとしても、実際には人がたまると危険であったり、立ち入り禁止の場所もある。東京スカイツリー巡りをするなら、きちんとマナーやルールは守らなければならない。

検索と足を使った今回の調査。どちらの情報からも、一風変わったスカイツリーを望むことができた。みなさんも検索しつつ、地元の方に声を掛けて、ちょっと変わったスカイツリー眺望スポットを見つけてみてはいかがだろうか? しかしこの日は、一日中見上げてばかりだったので、翌朝首が痛くて仕方がなかった......。

◆こちらもチェック◆
フォトギャラリーや周辺情報が満載。
東京スカイツリー特集」。

ライターの顔写真

エヒタ

コンテンツメーカー「有限会社ノオト(http://www.note.fm/)」(外部サイト)所属。モノヅクリユニット「mochrom(http://mochrom.jp/)」(外部サイト)のメンバー、nifty「デイリーポータルZ(http://portal.nifty.com/)」(外部サイト)のライターとしても活動中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加